ラクトン類

曽田香料はラクトン類の開発・工業化において豊富なノウハウと実績を持ち、「世界のラクトンハウス」と称されてきました。当社が開発・工業化したラクトン類の中で、もっとも主要な製品がガンマラクトン類とデルタラクトン類です。

GAMMA LACTONES

Odor Carbon
GAMMA VALEROLACTONE Hay and Tobacco-like C-5
GAMMA HEXALACTONE Coumarin-like C-6
GAMMA HEPTALACTONE Coumarin-like C-7
GAMMA OCTALACTONE Coconut-like C-8
GAMMA NONALACTONE Coconut-like C-9
GAMMA DECALACTONE Peach-like C-10
GAMMA UNDECALACTONE Peach-like C-11
GAMMA DODECALACTONE Peach-like C-12

果物等に多く含まれるガンマラクトンの場合、炭素数が5のガンマバレロラクトンは枯草やたばこの香調ですが、炭素数が増えるにしたがってクマリン様(桜餅の桜の葉のような香り)、ココナッツ様、ピーチ様と変化していきます。

DELTA LACTONES

Odor Carbon
DELTA HEXALACTONE Almond-like C-6
DELTA OCTALACTONE Coconut-like C-8
DELTA NONALACTONE Coconut and Milk-like C-9
DELTA DECALACTONE Milk-like C-10
DELTA UNDECALACTONE Cream and Peach-like C-11
DELTA DODECALACTONE Cream-like C-12
DELTA TRIDECALACTONE Fatty butter-like C-13
DELTA TETRADECALACTONE Fatty butter-like C-14
DELTA HEXADECALACTONE Fatty butter-like C-16
OCTADECALACTONE Fatty butter-like C-18

一方、乳製品等に多く含まれるデルタラクトンの場合、炭素数が6のデルタヘキサラクトンは華やかなアーモンドの香調ですが、炭素数が増えるにしたがってココナッツ様、ミルク様、クリーム様と変化していきます。

これらのラクトンは乳製品フレーバーをはじめとして、当社が開発する多彩な用途のフレーバーの原料ともなっています。